今おススメしたい会計ソフト

会計ソフトの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会計ソフトというとかなりの数が市場に出ています。
何十万円もするものから、無料というものまで実にさまざまなラインナップになっているのですが、どのような点をチェックして選ぶと良いのでしょうか。
まず注意したいのが価格面になります。
有名な勘定奉行、PCA会計は15万円〜という値段設定になっているため、個人ではなかなか手が出にくい価格帯になっているといえるでしょう。
それとは対照的に弥生会計、会計王では大体4万円〜と若干リーズナブルな価格設定になっています。
安いものと高いもので違う部分としては、いろいろな分析機能がついていたり、限られた期間しか保存ができないなどの点が異なってきます。
しかし仕訳入力、試算表作成、決算書作成という基本部分に関しては他のものと変わりませんので、安いから悪いというものではありません。
さらにチェックできるのが操作性になります。
とくに「弥生会計」は初心者でも使いやすいことで知られ、「税金の支払い」などの摘要を選ぶと自動的に仕訳をきってくれる機能もあるので非常に便利です。
しかし作業効率の点を考えると、勘定科目に科目コードが付いていませんので、いちいち入力していかなければならず、この点がデメリットだといえるかもしれません。
逆に簿記などの知識があるのであれば「勘定奉行」と「PCA会計」がオススメです。
会計事務所での使用にも耐えるほど、高速の入力が可能であるのが特長で、効率に関してもかなり良いといわれています。
さらにネットワーク対応なのかどうかというのも、操作性に関係してくるでしょう。
ネットワークを使って1つの会社データに複数のパソコンで同時に入力できるというものですが、上記に挙げたような大手のソフトではほぼ対応していますので、この点で便利に使うことができます。
それぞれの会社で違うのがクライアント数をどこまで増やせるかという点と、価格面での違いでしょう。
さらに他ソフトとの連携に関しても考えることができます。
それぞれのソフト会社では、販売・購買・給与ソフトを販売していますので、それらを連携して使うことによって、そのまま財務会計のデータとして使用することもできるようになります。
また仕訳データ作成やデータ読込機能を使って、テキストデータのやり取りができたりも可能です。
このように各会計ソフトではさまざまな違いがありますので、よく比較して違いを比べてみる良いかもしれません。

関連・その他の優良サイト