今おススメしたい会計ソフト

電子申告とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電子申告を取り入れているところからすれば問題ないと思うかもしれませんが、慣れていないと電子申告というのは頼りないように感じてしまうかもしれません。
しかし電子申告にはたくさんのメリットが存在します。
そのひとつが税額控除があるという点ですが、経費削減などにも効果的ですし、またさまざまな手間も省略可することができます。
ちなみに所得税の確定申告を本人の電子署名及び電子証明書を付してe-Taxで行うと、所得税額から最高3,000円の控除を受けられるといわれています。
さらに少数ですが、金融機関により借り入れ金利が優遇されたり、還付金の支払いなどが早くなるというメリットもあります。
このような電子申告ですが、メリットだけではなくデメリットもいくつか存在します。
例えばインターネットバンキングの利用をするにあたって利用料がかかってしまうという点でしょう。
ペイジーに関しても実際に利用できる場所が限られてきますので、利便性という点ではまだまだ改善点がありそうです。
また税理士に依頼する場合には問題ないものの、ICカードを準備したり、カードリーダライタの購入なども必要になってきてしまいます。
さらにパソコン操作になれていないと、ソフトの操作方法なども迷ってしまいますので、この点でも調整が必要になってきます。
ではこのようにメリット、デメリットがある電子申告を利用するにはどうしたら良いのでしょうか。
まずは電子証明書を取得し、電子証明書を取得するところから開始します。
そして開始届け出を提出するすると利用者識別番号を取得することができますので、その番号を利用してe-Taxソフトをダウンロードし、初期登録をしてから使うことができます。
これらの申込は書面でもオンラインでもできますので、普段忙しいという方にもオススメです。
会社・又は個人で電子申告する場合にはパソコンやインターネットが必要になるのですが、税理士に依頼する場合には、税理士が申告データを作成してくれますので、最悪パソコンがなくても利用可能になっています。
納税の場合ですが、電子納税の場合は即座に引き落としになるので振替納税にしたほうが良いといえるでしょう。
電子申告に関してはさまざまなソフトなども開発されたりしていますので、以前よりかは使いやすくなっていますし、だいぶ一般的になってきました。
上記に挙げたようにさまざまなメリットがありますので導入を考えてみても良いかもしれません。