今おススメしたい会計ソフト

人気の連結会計ツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企業に欠かすことができないのが連結会計ソフトでしょう。
しかし信頼できる有名なソフトは本格的な導入にパッケージ代金と導入費用等の合計で数百万円以上かかってきてしまいますので、慎重に選んでいきたいと思うでしょう。
では具体的にどのような会社の連結会計ソフトが人気になっているのでしょうか。
まず挙げられるのがDIVAです。
ここではオンラインリアルタイム化や、制度決算・管理会計など多様な目的間でのデータ共有などを行ってくれますが、オンラインリアルタイム収集になっていますので、データ収集・チェック作業の効率化できると評判になっています。
またほかのメーカーのソフトなどですと連結決算システムの集計処理に時間がかかってきてしまいますが、グループ会社1,000社で10分以内という業界最高水準の自動処理スピードになっていますのでこの点でも心配いりません。
ほかにも人気があるソフト会社としてSTRAVISも挙げられるでしょう。
ここでもオンライン収集や検証効率の向上などを図っていますが、定期的なバージョンアッププログラムの提供という保守サービスの質の高さに注目が集まっています。
ほかにも決算期特別サポート体制やセミナーラインアップなど、サービスやサポートの手厚さで定評があります。
さらに挙げられる人気の連結会計ソフトとしてGLOVIAにも注目できます。
ここでは連結決算業務を行う「SC CORE」、データ収集効率化を強化する「SC DFS」、連結経営管理ツール「SC Pathfinder関数」に商品がわかれるようになっており、そこから会社にあったものを選んだり、組み合わせたりすることができるというのが魅力になっています。
ここのソフトで注目できるのが、オプション機能とよばれている機能のバリエーションの多さで、独自のフォーマットで資料を作成することができるマネジメントレポート設計ツール、決算開示システムと連携し、一気通貫の決算開示業務プロセスを実現してくれる決算開示システムデータ連携プログラムなどがあります。
連結会計ソフトの導入に関して上記のような人気のある会社から参考に見ていったほうが良いかもしれません。
上記には導入の金額に関して数百万円といいましたが、すべてにおいてこの金額がかかるわけではなく、機能の充実度・処理の安定度によって値段は前後し、安いものでは数万円程度の値段のものもあります。
実際にどこがよいのかどうかは会社によっても違いますので、よく分析して選ぶようにすると良いでしょう。

関連・その他の優良サイト