今おススメしたい会計ソフト

導入の注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近では会社に優秀な会計ソフトなどを導入して自計化している会社も少なくありません。
そのようにするメリットとして挙げられるのが、リアルタイムに業績が把握できるという点でしょう。
そこが把握できると経営の際にどこに手を打つべきかわかりますし、税理士などに依頼する仕事も少なくなりますので、コスト削減にも効果的ですし、戦略的税務へともつながっていきます。
しかしここで注意しなければならないのが会計ソフトをどのようなものにするかという点です。
顧問契約を結んでいる税理士がいるのであれば、その税理士が使用しているもの、もしくは慣れているものから選ぶと良いかもしれません。
しかしこのようなソフトを導入する際に考えておきたいのが、会社のどのような数字が見たいかを事前にはっきりさせておくということかもしれません。
例えば便利なものとして会計ソフトにある部門別損益管理機能というものがありますが、これは各店舗別や各支店別、各事業の種類などの部門を設定することで、部門ごとに業績を把握することができるというものです。
しかし会計ソフトによってはこの機能がなかったりしますので、あらかじめ税理士などに相談して、どのような数字をみたいのかを伝えておくとよいでしょう。
しかしこの点で同時に考えなければいけないのが導入に至る入力作業などです。
より正確に会社の業績を把握するためには、さまざまな数値を入力しなければならず、場合によってはかなり複雑化してしまうかもしれません。
一番良いのは事前に税理士などに相談して使い方を教えてもらうという方法です。
そしてこの点で考えたいのが、入力の手間に対して価値のあるものが出来るかどうかという点で、こだわりがそこまでないというのでしたら部門別管理機能のない安いソフトを導入すれば良いかもしれません。
さらに導入前に考えておきたいのが、補助科目設定を適切に行うという点です。
より細かく分けることによってその項目の詳細が分かるようになりますし、取引先ごとに入力することで、売掛金、買掛金の取引先ごとの残高を理解することもできるようになります。
しかし当然ながら項目が増えれば増えるほど入力の手間が増えますし、作業も増えてしまいます。
補助科目設定はあくまで必要なものに限定して設定されると良いかもしれません。
このように会計ソフトというのは導入すれば良いというものではなく、よく考えて導入することが重要になるといえるでしょう。

関連・その他の優良サイト